<< 11月レッスンのご案内♪ | Main | 天然酵母 スイートポテトパウンド >>
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.10.14 Thursday author : moko

中国茗茶館@茨城



ここは香港?
そんな、オリエンタルな雰囲気のこちら。
茨城にありまする「中国茗茶館」です。

お友だちのしゅはりちゃんとご一緒して、
中国茶の楽しみを知り、すっかり気に入ってしまいました。

こちらでいただいたお茶の一つ、南糯白毫(ナンヌオパイハオ)

深〜いお茶でした。

こちらのお茶、
オーナーと諸葛孔明の話で盛り上がった流れで、いただきました。

なんと、このお茶の樹は、
諸葛孔明が植えたといい伝えられているとのこと。
樹は脈々とつながって、800年になる古樹の茶葉なんだとか。

美味しい!とかそういう言葉ではなく、
胸がいっぱいになり、一言では表せないお茶・・・。

オーナーによると、
古樹のもつパワーはものすごいとのこと。

またこちらの茶葉は、海抜1700メートルの高地産のものだそうで、
海抜が高いところでできるものは、
人の頭頂部(第7チャクラ)で感じられるということです。

なるほど。

こちらの茶葉、購入しました。

10g500円という高価なものですが、
こちらのお店とても良心的で、最小単位の10gを購入!

10gあれば5、6回は楽しめるそう。

うちでも中国茶の真似事をしてみました。
 

学生時代、煎茶道をたしなんでいたので、
煎茶のお手前の小さな茶器、うちにありまして。

お茶でほっと一息。至福の時間なり〜!moko


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
| 自然派レストラン&shop | 17:09 | comments(0) | - | pookmark |
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:09 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT