<< 【台所育児】誕生日のスペシャルディナー | Main | 11月レッスンのご案内♪ >>
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.10.09 Saturday author : moko

食べ物のお手当て「葛湯とこんにゃく湿布」

今日は、朝から雨模様。

そんな中、長男のサッカー試合、予定通り開催されました。

雨の中、よく頑張って戦いました!

あまりに雨が強くなってきたので、
試合を縮小して、予定より早くの切り上げとなりました。

ふ〜っ。

応援も寒かったです・・・。

帰って来たら、長男も次男も葛湯が食べたいと。

我が家では、
小さなときから身近な食べ物を使ってお手当て(自然療法)をしているので、
調子が悪くなりそうなときは、
子どもの方から「お手当て」のリクエストが!

早め早めに予防していると、食べ物の効果絶大で、
大事に至らず、
病院もほとんど行かないで過ごしてきました。

土鍋の小鍋で葛湯を作りました。
じゃがいもでんぷんの片栗粉ではなく、
吉野本葛を使います。
本葛を使うときには、
とろりとしてからも、火を入れて、よく練ります。
これで消化がよくなります。


雨で身体の中から冷えたのでしょう。

外のお手当てとして、
「こんにゃく」を使った湿布で腹部や足裏も温めてやりました。

気持ちがいい!とゴロンとしてました。moko


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
| 子ども 台所育児・自然育児 | 20:36 | comments(0) | - | pookmark |
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 20:36 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT