<< おやつはごはん。 | Main | 放射能汚染対策1「外出時の注意」と「海藻」 >>
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.03.13 Sunday author : moko

愛と希望をもって

 おはようございます。

 

料理研究家のmokoです。

 

11日、三陸沖を震源とする大きな地震がありました。

 

お友だちや生徒さんから

たくさんの温かいメッセージをいただき、本当にありがとうございます。

 

お気遣いしてくださった

皆さまのお気持ちがとても嬉しく、心に染みました。

 

お陰さまで家族で無事に過ごしております。

 

地震が起こった時間は、

教室のレッスンのあと一人で家におり、

もう少しで子どもが帰宅する頃でした。

 

携帯も電話も通じない状態で、

「とにかく無事でいてくれたら」と祈るような気持ちでした。

 

小学校に迎えにいくと、

子どもたちは何事もなかったかのように元気な様子で、

ほっとして、目頭が熱くなりました。

土浦では、ただ今水道がストップしています…。

 

地震当日は電気も止まり、夜暗い中、大きな余震が続き、

普通に日常生活がおくれることって、

本当に有り難いことだと涙が出てきました。

 

=====

 

地震の後は、

余震も続き、

パソコンも開く気持ちになれませんでした。

 

家にこもって、テレビから流れるニュースを見ていると、

だんだんネガティブな私になっていました。

 

でも、今日、

「過去は変えられないけれど、これからどうするか、前を見ようよ」と夫にいわれて、

ハッとしました。

 

「前向きな」ところは、私のよさなのに、すっかり忘れそうになっていました。

 

こんなときこそ、ポジティブな気持ちが大切!!!

 

実は、今日、神戸の義母が新幹線を使って、

水や食料を届けに来てくれます。

 

神戸の六甲山の自宅で阪神大震災に遭った義母・・・。

 

ライフラインが復旧するまでの

水や食べ物の大切さが身に染みているので、

神戸で物資を購入して、宅配便で届けようとしてくれましたが、

東北、茨城、千葉行きの荷物は受け入れをしてくれず、

いつ集配できるかも未定だといわれたそう。

 

昨日、このような電話がありました。

しかも、義母、自分ができることを瞬時に考え、

新幹線と常磐線で土浦まで届けて、そのまま帰ります、と。

 

元気とはいえ、

70歳を超える義母が重い荷物を持って、まだ余震が続いている地域へ来てもらうのはと、

何度もお断りしましたが、今朝早く電話をしたら家を出たあとでした。

 

うちは幸い大きな被害の出た地域ではありませんでしたが、

困ったときに必要なものが手に入るのは有り難いこと。

それ以上に、

義母の思いが私に生きる力を与えてくれました。

 

義母の前向きな行動力から

「希望をもち続け」「愛を与える」ことを学びました。

 

今生きていることに感謝し、

明るい未来を思って、行動しよう。

 

しばらくお休みしていたブログも発信することにしました。

 

愛の祈りを届けたいと思います。

 

まだ余震が続いています。

 

皆さまどうぞお気をつけくださいね。

 

被害を受けられた方のご冥福と

これ以上被害が広がらないこと、

救助をまっている方々が、早く救出されますよう

心から祈っています。


心も身体もハッピーに!

ナチュラルクッキング教室「Crescent Kitchen」*moko

| ココロ | 09:10 | comments(0) | - | pookmark |
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:10 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT