<< 愛と希望をもって | Main | 放射能汚染対策2「味噌」「鉄火味噌」 >>
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.03.13 Sunday author : moko

放射能汚染対策1「外出時の注意」と「海藻」

料理研究家のmokoです。

東日本大震災から2日たった今日。


まだ余震が続いています。


地震の揺れとともに気になるのが、福島原発爆発による放射能の影響。


政府の避難指示は半径20キロとなっていますが、

アメリカの友人が送ってくれた英文の情報によると、

放射能漏れはもっと広範囲に広がっているといいます。


特に子どものことを思うと、恐怖を感じ、

また友人のご実家では避難を始め、

我が家も「一刻も早い避難」を勧められ、

さまざまな情報の中ですごく揺れましたが、

私は、人間の生命力や自然治癒力って

かけがえのなく、すばらしいものだと思っているので、

逃げるのではなく、

自分がご縁があって、

暮らすことになったこの地で

与えられた環境の中で精一杯生きることを選びました。


(他の方からすると大げさだと思われるかもしれませんが、

今日一日、私の中では大きな決断でした)


対策としては、

第一に放射能を体内に入れないこと!


外には布団を干したり、窓を開けたりせず、

できるだけ外気を入れないようにしています。


また、できるだけ家から出ないようにしていて、

外出時は防塵マスクとめがね、帽子をして、

肌の露出を少なくして出かけています。


最初の雨の日は、

空気中の放射能を帯びた塵が落ちてくるため、高濃度になるそう。


できるだけ外出しないように。

また出かけるときは、傘、レインコートをお忘れなく。


=====


食べ物の放射能汚染対策もありますので、

こちらのブログでまとめたいと思います。


原発震災が起きたら、毎日「海藻」を食べ続けてください。


トロロ昆布やわかめたっぷりの味噌汁やお吸い物がおすすめです。

トロロ昆布は、

乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張して

危険ですので、お気をつけください。


昆布やのりに含まれるヨードを充分にとっておくと、

放射能が身体に吸収されずに排出されます。

体内に取り込むヨウ素は、一定量以上になると蓄積できずに
排泄されるので、それを利用して放射性ヨウ素の被害を避ける
ことができます。


ヨウ素を体内に取り込むのに手っ取り早い方法は、ヨウ素剤。
原発から半径8〜10Kmの自治体では、法令に従って、錠剤のヨウ素剤を
備蓄しています。


食品で取るなら昆布!ワカメの4倍くらいヨードを多く含んでいます。
昆布なら、副作用の心配もなく、栄養的にも◎。


普段から、昆布などの海草類を食べるとよいでしょう。

といっても、
「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」で、
食べ過ぎると甲状腺障害を起すこともありますので、
バランスよく適量取るようにしましょう。


「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
乾燥昆布一切れ1枚1グラム
トロロ昆布大さじ販売1グラム
乾燥ワカメ5グラム
いわし中2匹96グラム
さば1切れ100グラム
かつお1切れ100グラム
焼き海苔10枚3グラム
ぶり1切れ80グラム
塩鮭1切れ60グラム
寒天1角の半分4グラム

心も身体もハッピーに!

ナチュラルクッキング教室「Crescent Kitchen」*moko



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
| マクロビオティック | 21:53 | comments(4) | - | pookmark |
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 21:53 | - | - | pookmark |
COMMENT
はじめまして。ヤスといいます。
放射能汚染対策について調べていたらここにたどり着きました。
自分も今日住んでいる場所を離れるかとても悩んでました。
mokoさんのメッセージとても今の自分の心に響きました。
にんげんの生命力、自然治癒力を信じようと思います。
大きな決断だったこととてもよくわかります。
ただ感謝を伝えたくてメッセージを送ってしまいました。
食べ物についての情報もありがとうございました。
今を大事にして精一杯生きたいと思います!
本当にありがとうございました。
このつながりにも感謝です。
| ヤス | 2011/03/14 6:32 PM |
はじめまして。コメント失礼します。

私も20キロの退避圏内在住の者です。家族の都合上私も避難出来ず、留まることにはなったものの、極端な話し正直人生諦めかけておりました…ですがこうして同じ境遇で頑張っている方がいると知り、私もまだ頑張ろうという勇気がわいてきました…!

数少ない蓄えの中ではありますが、いつまで続くかわからないこの状況をなんとか乗り越えて行こうと思います!

ありがとうございました!
| NONA | 2011/03/14 10:20 PM |
ヤスさん、はじめまして。mokoです。ブログ訪問&コメントありがとうございます。その後お元気にお過ごしでしょうか。余震も続いていて、気持ちも揺れ、不安になることもありますが、明るい未来を思うと、感謝と笑顔を忘れないで過ごしたいと思うこの頃です。moko
| moko | 2011/04/23 3:34 PM |
NONAさん、はじめまして。mokoです。ブログ訪問ありがとうございます。NONAさんは、20キロの退避圏内在住なのですね。NONAさんの深い思い、お察しいたします。その後いかがお過ごしでしょうか。元気にされていることを心から願っています。moko



| moko | 2011/04/23 3:37 PM |
ADD YOUR COMMENT