<< 放射能汚染対策2「味噌」「鉄火味噌」 | Main | 大吉 >>
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.03.14 Monday author : moko

玄米パワー!!!

 料理研究家のmokoです。

昨日、「放射能対策」をまとめてみました。


マクロビオティックの生活をしていると、

あえて「対策!」と意識しなくても、

「味噌」や「海藻」は日常的にとっているもの。


いつもレッスンでもお伝えしていることですので、

生徒さんにとっては、

改めて読むものではなかったかもしれませんが、


放射能だけではなく、

添加物など化学物質や老廃物、重金属の排出などに役立つ

「自然の食べ物のパワー」

今一度お伝えしたいと思いました。


「味噌」や「海藻」のほかに、

「玄米」にも

毒素を排泄する働きがあります。

玄米の中にはイノシトールという成分があり、

肝臓を強めて老廃物を対外に排出する役目をしてくれます。


またフィチン酸という成分は、

ストロンチウム(放射能の中に含まれる成分)と結合して

体内に吸収することなく外に出してしまう性質があります。


水銀やカドミウムなど重金属を排出する力があり、

梅干しとともに食べると、

梅干しのクエン酸やアミグダリンという

特殊成分の働きも加わって、

公害物質を身体の中に残さないで排泄する働きがあります。


また、ガンマーオリザノールという成分があり、

これによって自立神経がよく働き、

内臓の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

              (参照;東城百合子著「家庭でできる自然療法」)


陽性の玄米をさらに炒って焦がした

極陽性の「黒炒り玄米スープ」や「玄米珈琲」はさらに効果が大きいです。


玄米をいただくときにもっとも大切なことは、

よく噛むことです。


一口最低30回、できれば50回〜100回。

身体によい玄米のパワーは、噛むことによって生まれます。


心も身体もハッピーに!

ナチュラルクッキング教室「Crescent Kitchen」*moko


| マクロビオティック | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
2014.01.18 Saturday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:28 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT